ご飯が一番

二つ目か、一跡米型の食生活が理想だ」という錯覚です。 あとで詳しく説明しますが、ご飯を食べることほど大事なことはないのです。たし かに添加物や農薬など、考えなければならないことが数々あります。

しかし、一番大 切なことは何かといったら、間違いなく、米のご飯をきちんと食べることなんです。  アトピーの患者さんなどは若い人が多いですから、そういう患者さんのお母さんな どには、昭和四〇年以降に生まれた人もいます。

純和食の朝食

そんな若い患者さんやお母さんに、「朝はご飯と味噌汁と漬物ですよ。それに納豆 でも食べてみたら」と言うと、「えつ?」と驚く人もいます。パンとコーヒーと牛乳とサラダ、それが普通の朝食だと思っているんですね。糠漬を勧めると、ヨーグルト ではダメですかと聞き返される始末です。

ヨーグルトがいいかどうかの話ではなくて、それほど欧米の食生活が理想であると いう錯覚は、しみついてしまっているんですね。「あなたは、いくら足が長いふりを したって、腸の長さは私と変わらないんだよ」と言いたいんですけれどね。

アテニア 口コミ マカex

欧米化した朝食

でも、欧米の食生活をまねた中で、一番深く日本社会に浸透したのは、肉や牛乳を とるということではないのです。もっと大きく食生活が変化したのは、主食より副食 を多く食べるようになったということなんです。

日本人や韓国人や中国人は貧しいか ら、ご飯ばかり食べておかずが少ない。欧米の人たちは豊かだから、少しのパンにた くさんのおかずを食べる

こう勘違いしてしまった影響なんですね。 つまり、欧米の食生活を理想だと考えた結果、ご飯をしっかり食べることは貧しい ことなんだと思い込んでしまったわけです。このことも考えてみれば、非常に浅はか な勘違いなんです。